www.flickr.com
Smells Like Forties Spirit's items Go to Smells Like Forties Spirit's photostream
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
8/15 There is not absolutely guaranteed wind
windsurfing comments(5) trackbacks(0)
8/14 Wind that never end.


土曜日は前日に急遽休む宣言して朝から参戦.
結構吹いてると思って5.2m2張るもいざ浜に立ったらちょっと足りずで,いきなり待ちの状態.
でも必ず吹く感じであったのでセイルもそのまんま.
ダックから借りてきた95Lクアッドの存在感もすごい.ゴージャス.

そうこうしてるうちにちょっとずつ上がってきて,まずはsuper natural 100Lで出る.そのあとクアッド乗ってみたけど,ちょっと風たりないのもあり直線少し引きずる感じ.バックサイドはスムースに感じたけどはっきりいってツインの方が乗りやすい.その後Holly氏,あじ君へとお勧めする.お昼ごろには波も良くなってみんなフロントに振り出す.

ケミの南西でフロントサイドできるのがエキスパートみたいな印象あって,自分もその仲間入りするべく練習中.土曜日は一回だけスムースに板が返ったときがあった.いままではクリューファーストになってからいかにスピードを維持できるかがカギだと思っていたけれど,今回のはちょっと違ってた.なにを今更と言われるかもしれないが,やはり波に乗るというのが一番大事かなと(ご意見待ってます).波とシンクロすればレイルの入れ方で波のトップまで運んでもらえる(ときがある)というのがなんとなくわかったような.

ここで私のオンショアフロントサイド考をひとつ...
Mr. スタイリッシュ,チフユ氏のフロントはやさしいフォアレイキからスピードを維持して抜群のクリューファストでのバランス感覚で板を返して行く感じ.Mr. 波フェチ,千葉ひで氏は道具の相性もいいのかスピードに頼らずしっかり波のパワーを使ってフロントまで行く感じ.
あじ君はたぶんサーフィンの波乗りとシンクロする部分があるのだろう,膝の使い方の大事さを語っていたっけ(実はものすごく勉強になりました).
でもその誰とも違う異質なフロントライドするのがJ82.あれは完全にクリューファーストになってからも風をひろっていて,そのパワーを使って波を切り刻む感じ.でもそのバランス感覚は非常に危うくて,以前はそのまま波に潰されてたことも多かったけど,昨日はかなりの確立でメイクしてた.さすがワールドカッパー.身体能力が違います.

でも難しいことは間違いないと思うし,エキスパートのみんなもきっと今のライディングに満足なんかしてないはず.発展途上であることの悦びというか,だからあんなに乗った次の日でもまた海へと向かってしまうのでしょう.

フロントにもいろんなスタイルがあっていいと思うし,自分もはやく自分のスタイルを見つけたいと思った土曜日でした.


P.S. 初めて動画編集やってみました.あまり使ってなかったマックの中のiMovieというソフトで.それがまた簡単で面白い.今回は元の素材の手振れがすごくて,次回からはなにか対策考えます.


windsurfing comments(8) trackbacks(0)
5/25 K.G.B. in the early morning.


昨日は10時くらいに帰宅.
旅の準備などをしなくてはと思いつつ,まただらだらとwebサーフィン.
するとDuck掲示板の千葉ひで氏の書き込みに「早朝練習」の文字を発見.
忙しすぎて,天気予報すら見ていなかったが,あらためてみると明日の朝乗れそうではないか!
その時点でほぼ11時半.頭をフル回転させ,朝練が可能か否かをシュミレーションした.

結果はGo! だめでも遅刻すればいいや(社会人失格&シュミレーションの意味なし).
すぐに千葉ひで氏に行きたい旨をメールして就寝.

3時間後に起床!
すぐにクルマに乗り込みケミに向かう.
つくばからケミへ朝練に行くバカはおれくらいのものだろう. ははは.

でもこのワクワク感,ハンパではない.
ゆっくり明るくなっていく空,スカイツリーを右手に見ながら湾岸線,そして東関道へ.
徐々に明るくなってきて,わかったことがあった.

風吹いてない...





windsurfing comments(8) trackbacks(0)
5/10 C'est la vie.
 photo-1.jpg
Fig. 1 (before)

またか...と思われた方,ごめんなさい.
ネタがなくって..でもまじめなレポートしてみます.
(YouTubeの動画貼り付けだけだとさすがに手抜き感がありありで)

先日,作った室内ラックはちょっとした衝撃で崩れまして,再度見直しして完成に至りました.
本当はなにも変えてなくて,突っ張り強度を増したくらいです.


photo-2.jpg
Fig. 2 (after)

板の前半は相変わらずラックベルト(The Burnig Duckにて好評発売中)で支えていますが,後半をイレクターパイプのラックにしてからユラユラ感が消失し,非常に快適になりました.
ツインフィンはフィンのつけかえが面倒なのでこうしてフィンがついたままクルマの中で保管できるとまぁ便利かなと.ちなみに,このラックベルトとイレクターパイプの室内ラックの組み合わせをハイブリッド室内ラックシステムと呼び,The Burning Duckにて発売予定は.....ありませんね.

本日の動画は故NujabesのShing02とのコラボ代表作.
Luv(sic) part 2.

Nujabesは2年前くらいから結構聴いていて,なんかJazzとHipHopが混じった気持ちのいい音楽なんですが,そのNujabesさんは先日2/26に首都高での交通事故で他界されました.次のアルバムいつかなぁと思ってたところのニュースだったのですごく残念で,また若い才能もなんの前兆もなく奪ってしまう交通事故の怖さも感じました.
ご冥福をお祈りいたします.


C'est la vie, as they say L.O.V.E evidently, see every song has a sequel
Never same, everything but the name, all fresh just like back then, how we do everyday
C'est la vie, as they say L.O.V.E eloquently, see every dream has a part two
Never same, you got to keep it tight, all fresh just like back then, now hear me out…


windsurfing comments(4) trackbacks(0)
5/5  I'm just a do-it-yourselfer.

photo-1.jpg
Fig. 1 無秩序に入れられた遊び道具の数々.


昨日,運転中に「ぺキッ」という音とともにロープで吊ってあったツインフィンがガタッと落ちた.
板は平気だったが,ロープを掛けていたプラスチックのフックが重さに耐え切れずぺキッっと逝ってしまった.普段からユサユサしていて頼りなかったのでこの際,しっかりした室内ラックを作ってしまおう.しかしこう見るときったないな(Fig.1).

photo-2.jpg
Fig. 2

室内ラックといえばヤサキのイレクターパイプ.10年くらい前は私もハイエースをトランポにしていて,ラックを組んだりしたものだ.その時買ったパイプカッターや,接着剤をまだ持っていて、久しぶりにひっぱり出す.
まずは5/4の夕方に構想30分,買い物30分で必要な材料を買ってくる.何年たってもイレクターパイプの規格は同じで,ジョイント各種もたぶん同じ.
で,夜にシコシコとラックの土台部分(Fig.2)を組む.


photo-4.jpg
Fig. 3

次の日,朝7時から作業開始.現物あわせで組んでいく.ほぼFig.3の状態がゴールと考え,仮組みしたらあとは接着剤にて固めてしまおうかと思っていたが,あまりにも強度がでず,グラグラもいいところだったので天井に向けてつっかえ棒を入れることにした(Fig.4).

photo-5.jpg
Fig. 4

するとどうでしょう.かなりがっしり,グラグラ感も完全に消え,いい感じに.難なく完成と思い,現物あわせ中から載っかっていたツインフィンを引き出そうとするがストラップがハッチの上端に引っかかって出てこない...(まったく現物に合ってませんでした).

少しラックの高さが高すぎたよう.気を取り直し土台から伸びてるパイプを5cmカット.そうすると天井までのつっかえ棒の長さが足りずまたパイプを新たに切りなおす.(本当はもうパイプがなかったので,近くのホームセンターの開店とともにパイプ購入,すぐ戻って作業再開)

ようやく納得のいく強度とちょうどいい高さが得られる.つっかえ棒は約2.5cmほどアジャストが効くので、できるだけ突っ張らせて強度を得る.

photo-1.jpg
Fig.5

最終的にはこんなカタチに.後部座席のひとのドリンクホルダーも邪魔せずに使えるところがミソである(使わねー).

photo-4.jpg


板を載せて,道具を全部積み込むとこんな感じ.
本人的には大満足の出来.これでユサユサした感じともおさらばだ.

でも「あんまり最初と変わってないじゃん」とか言・わ・な・い・の,てか言わせなーい.



windsurfing comments(9) trackbacks(0)
4/29 It's another world.
photo-1.jpg

GW初日.今日は南西の風強く.
朝8時過ぎに検見川に向かう.途中,千葉ひで氏から連絡をもらい予定どおり検見川で一緒に乗りましょうとのこと.つくばからだとケミまで結構遠い.この距離走って乗れないとちょっと残念だが,今日は絶対,風は大丈夫.

GWの首都高は空いていて,とくに渋滞もなくあっさり9時過ぎに着く.まずはThe Burning Duckに寄り,「フォワードループするのでヘルメットください」と言ってみる.常連さんたちに失笑をかうも,結構本人はまじめであった.しかし,ヘルメットはいずれも小さく購入できず(苦笑).
気を取り直しケミの駐車場に入る.結構吹いているが自分的には5.2m2でいけそう.しばらくすると千葉ひで氏,チフユ兄さんなどなどスメフォー(スメフィフ?)な人たちが続々集結.風が一旦弱くなったので,千葉ひで氏にEZZYセイルのセッティングについてご教授願う.(勉強になりました.)

ちょっと上がってきたので92Lツインででるも30分ほどで足りなくなり,その後ダラダラと過ごす.チフユ兄さんの3.7→5.8m2という3学年飛び級張替えに刺激され,自分も5.8m2に張り替える.夕方にかけて4.5-5.2m2くらいの風が吹き,5.8m2で苦しくもがんばって最後まで乗る.
結局,フォワードループなんてまったくトライできず(人も多かったしね).

まあ今年中には...

でもGWの初日としては上々でした.

こうやっていろんな職種の人が同じ目的をもって同じ場所に集まっていつもとまったく違う世界で一緒に遊べるっていうのが最高なんだなぁ.



windsurfing comments(4) trackbacks(0)
4/27 I'm gonna be a forward looper.
 

フォワードループしてみたい.
こんなに高くは飛べないけれど,いつかは自分も回ってみたい.

いつかはっていうほどもう若くはない.
びびってるうちにどんどん年ばかりとってる.

今年こそはと毎年思ってる.

まずは....ヘルメット買おう.
windsurfing comments(4) trackbacks(0)
4/17 No one saw the snow coming.
photo-1.jpg


朝起きて,外見たらなんか白い.

雪ほんとに降った!
クルマは無理そうなので,電車で仕事へ.

昼にはいい天気になってきて,海行こうかという気になってきた.
でもクルマがないのでまずはうちに向かう.

予報では風はばっちりのはずだが,例によってうちのまわりは吹いてない.
まあ行ってみよう.

大洗に着くと...吹いてます!ばっちり!
しかも波でかっ!ウインドサーファー15人くらい.

クワトロツインフィン(通称アサコ)にEZZY 5.2m2の最強セットで出る.
ちょっと風足りないが,まあ我慢.
それよりいつもの倍近いうねりの高さ.
んー,おれの力量越えてるかも....

沖からいいうねりに乗って引っ張ってくる.
ここぞというタイミングでボトムターン.
波のフェイスがボッコボコ.しっかりレイルを入れてないと弾かれそう.
まだまだ波のトップに行く前にターンしてしまう.
2発目,もう少し奥まで突っ込む.
波の力で板が返ってくる.うー,気持ちいい.
3発目,もうちょっと奥までさらに突っ込む.
シュパッと板が返る.
ツインフィンいいじゃない.いいじゃないか.

はっきりいってこんな大きな波乗ったことあったっけ?

調子よくなって沖へ向かう.ちょっと風が弱い.
ショアブレイクを2,3本越えたところで
巨大なセットで押しつぶされて道具とばらばらに.

道具のところまで行くのに何回か波に揉まれる.
なんとか道具までたどり着いても一緒に巻かれた.
塩水も口から鼻から,結構な量入る.
浜にたどり着くと気持ち悪くなってゲホゲホ,オエッ.

こういうことはよくあるが,昔に比べてここからの回復に時間がかかるようになった.
ようやくもう一度行く気になって沖へ向かうと,なんと両ふくらはぎがつった.イテテ.
戦闘不能...

むむむ...年なのか?そうなのか俺?

もう一度入念にストレッチして入る.
波もまだまだいい感じ.
あれっ?大丈夫だ.まだまだ身体がほぐれないうちに大波に乗って,
巻かれて,びっくりしちゃったのね.おれのふくらはぎ.
そういうことにしておこう.

まだまだいける.大丈夫.

その後,足がつることもなく,体力の限界まで乗って終了.
なんか毎週末,波乗りできてる.幸せ.
自分も進化してる.42才にして発展途上.いいね.いいじゃないか.


大洗ぞっこんラブ.

海に入る前はしっかり準備体操しましょう.











windsurfing comments(0) trackbacks(0)
4/16 真冬に逆回転パートII





明日は土曜日。
また行くのでしょうか?
行くんでしょうね。

しかし、寒い。
明日も大洗は6度!(◉皿◉;)

どーなってるんでしょうね。
天気予報はどんなかな....

北東の風 やや強く 海上 では 北東の風 強く
 雨か雪 昼過ぎ から くもり 後 晴れ
波 4メートル 後 2.5メートル うねり を伴う

雪〜!

でも、行くんだ、きっと。
ツインフィンに乗りたいから   ლ( ◕ω◕ )ლ        
 

 
windsurfing comments(2) trackbacks(0)
4/11 There is nothing to be done but wait.
 
昨日はケミもまったく吹かず,初心者に教えたため,風下に流される板を取りに行き,
また風上まで戻しての繰り返しでよけい疲れる.
帰ってビール飲んだらほとんど気絶状態で朝までソファの上.

さて日曜日.
午前中はどうしてもいかなければいけないところがあり,昼過ぎまで用事に費やされる.
でもうちの近くはまったく風吹く様子もない.
なんとなく今日はいいかなあなんて思っていつもの携帯風情報サイトをみるとやっぱり
大洗が夕方から北東やや強くの予報が....

行くしかないです.
昨日から千葉ひで氏から誘いのメールはきていたが,午前中もすでに出発したとのメールあり.
今から向かいますとメールしたところ,前線が通過してすごい突風の後,静寂がきて,またそよそよ
吹きだしましたとのこと.
間違いなく吹き上がる予感!

常磐道をぶっ飛ばし,午後3時に到着.このときばかりは茨城県民でよかったーと思う.
千葉ひで氏,とアジ君と合流し,彼らもこれから出るのだという.
いい時間に来ましたねーと褒められる.
完全に天気を読んでたようなふりして,「まあ,夕方勝負っしょ」などと言ってみる.

セッティングも最速でこなし,3時半には浜に立つ.
しかし,風がないっ!
波はきれいでサイズも頭くらい.でも風が足りねー.

いきなり風待ちに入る.
あーもしかして今日だめかもと思った4時過ぎに北海面に白い風波がチラホラ出だす.
まだまだ弱いが出てみると,なんとか沈まずに前に進む程度.
でも波に乗せれば走りそう.
沖でタックしてうねりにのせてパンピング.
おー走る走る.
波がいいので少しくらい風が足りなくてもまあいいやって感じ.
そのうち風も強くなってきて大洗スペシャルなコンディションに!

気づくと40過ぎであろうオッサンたちが「イーヤッホウ!!」とか「ヒュウーー」とか
奇声を発して乗ってる....
そんな自分もすれ違う仲間に向かって...
あー今思うと恥ずかしい.
オッサンたちをそんな状態にしてしまうウインドサーフィンってすげー.

まあ,ひとしきりドパミン放出したあと,みんなニコニコで陸に上がる.
帰りはお魚レストランで夕ご飯食べて帰宅.

あー今日も乗れました.
ラブ大洗アゲイン.


千葉ひで氏,写真サンクス.

windsurfing comments(4) trackbacks(0)
| 1/2 | >>